Just another WordPress site

2020/09/26

【繁忙期・通常期】引越し料金の平均相場は?気になる疑問も解説!

もうすぐ引越しの時期。いざ、引越しするにも「たくさん引越し業者があり実際にどこへ頼めばいいのかわからない。」「引っ越し時期の料金相場がわからない。」そんな悩みを抱えたことがあるのではないでしょうか。

そういった疑問も引越し料金の相場を知ることで解決することができます。

本記事では、上記のように悩んでいる方のために「引越し料金の平均相場」についてまとめてみました。

  • 【繁忙期と通常期】引越し料金相場の違いは?
  • 単身者と家族引越しの料金相場は?
  • 引越しの引越し料金相場のQ&Aについて

引越し料金の平均相場と時期別の繁忙期と通常期の料金相場について解説していきます。

また、引越し料金相場のよくある疑問についてもまとめているのでぜひチェックしてみてください。

時期別の引越し料金相場

引越し料金相場は引っ越しをお願いする業者だけでなく時期によっても料金が大きく異なります。なぜなら、引越し料金の時期による料金の違いは繁忙期と通常期があるためです。

ここからは繁忙期と通常期の引っ越し相場について解説していきます。

繁忙期の【3月〜4月】 引越し費用相場について

繁忙期は3月から4月です。理由は入学式や就職、転勤などのタイミングが多く引っ越しの依頼が増える時期だからです。

特徴として法人より個人の方はお見積もりが取りにくく、家族での引っ越しはさらに難しい傾向にあります。

また、引越し業者のトラックの数や作業員数が不足して希望した日にちに引っ越しができないことや、引っ越しの費用が高騰してしまう状態がここ数年続いています。

単身者の引越し費用相場

引越し距離 単身者(荷物量少ない場合) 単身者(荷物量多い場合)
都道府県内の引越し 約42,250円 約52,900円
別の都道府県へ引越し 約85,000円 約120,000円

家族の引越し費用相場

引越し距離 2人〜3人家族 4人〜5人家族
都道府県内の引越し 約99,250円 約151,000円
別の都道府県へ引越し 約239,750円 約575,000円

通常期の【5月〜2月】 引越し費用相場について

通常期は5月から2月となり、繁忙期に比べて希望する引越しの見積もりも出やすく引越し費用も割安になります。

単身者の引越し費用相場

引越し距離 単身者(荷物量少ない場合) 単身者(荷物量多い場合)
都道府県内の引越し 約32,305円 約35,000円
別の都道府県へ引越し 約57,000円 約73,365円

家族の引越し費用相場

引越し距離 2人〜3人家族 4人〜5人家族
都道府県内の引越し 約70,000円 約90,500円
別の都道府県へ引越し 約159,750円 約175,800円

引越しの料金相場のQ&Aについて

ここからは引越し料金や相場に関して、気になる疑問についてまとめてみました。

その①:引越しって祝日より平日の方が料金相場は安くなる?

単身での引越しの場合、祝日と平日では料金相場の大きな差はありません。

  • 同都道府県内 引越しの場合 約4万円
  • 別同都道府県 引越しの場合 約8万円

家族での引越しの場合、県をまたがない引越しはほどんど差はありません。しかし、県をまたぐ引越しで祝日に依頼する場合、平日より祝日の方が約20%料金相場は高くなる傾向があります。

もちろん、近隣県と遠方の都道府県への引っ越しでは距離に応じて、相場が変わってきます。

同都道府県内 引越しの場合 約8万円

別同都道府県 引越しの場合 平日 約15万円 休日 約18万円

上記のように一人暮らしの引越しや同じ県内での引っ越しの場合、平日と祝日では引越し料金の相場が大きく異なるということはありません。

ただし、家族での引越しを安く済ませたい場合は、できるだけ平日を選ぶようにしましょう。

その②:なるべく費用を安く引越しする方法は?

引っ越しの費用は運ぶ荷物の量と距離、そして時期によって大きく変わってきます。引っ越しをする際できるだけ荷物を少なくしてトラックの大きさを小さくすることで費用を抑えることができます。

他にも、引越し料金が安い業者を見つけて依頼するのも費用を安くするのに効果的となります。繁忙期は見積りを取れないなどデメリットもありますが、個人の引っ越しの場合はできるだけ一社で即決せず、多くの業者から相見積もりを取るようにしましょう。

「業者にそれぞれ依頼するのは時間がなくて大変」「少しでも安く引っ越しできる業者を見つけたい」といった方には一括見積もりが最適です!

転勤時の引越し代金をなるべく安くする9つのヒント

その③:引越しは大手業者と中小業者どちらの料金相場が安い?

引越し業者の大手の他に中小業者まで数多く存在します。そのためにどこの業者選びが最適なのか悩む方は多いでしょう。

実は大手業者と中小業者ではそれぞれ得意不得意があります。それぞれの特徴を理解することで、料金を安く抑えることができるのです。

大手引越し業者のメリット

  • オプションやプランが充実している
  • スタッフの教育が徹底されている
  • 万が一のトラブルにも広い範囲で保証される

中小引越し業者のメリット

  • 料金が安い場合がある
  • 繁忙期でも比較的予約と取れやすい
  • 柔軟な対応が可能である

下記の記事で詳しくまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

転勤時の引越し業者選びのポイントは?大手と中小業者の違いについても解説

まとめ:引越し料金の相場ポイントについて

引越し料金の大まかな目安や相場を知っていれば、業者との交渉がスムーズに進んだり、費用を算出するのに活用ができるかと思います。今回のポイントは以下の通りとなります。

引越し料金相場ポイント

  • 引っ越しには繁忙期(3月〜4月)と通常期(2月〜5月)があり繁忙期は割高
  • 平日と祝日では大きく料金は変わらない。家族のみ県外は約20%増
  • 引越し料金を安くする方法として一括見積もりがおすすめ
  • 大手と中小業者ではそれぞれ特徴が違う

引越しのコストは数十万円と大きな金額です。引越し料金の相場を事前に知っていることで、コストを抑えることができます。

引越し料金相場を知るために、複数の業者と料金を比べて一番納得のいく業者に引越しをお願いするようにしましょう!

 

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.