Just another WordPress site

2020/08/31

転勤時の引越し代金をなるべく安くする9つのヒント

「転勤時の引越し代金、もっと安くならないかな?」
「転勤は何かと出費がかさむから、少しでも引越し代金を安くしたい」
とのお悩みはありませんか?

転勤時には引越し代金の他にも、粗大ゴミの処理費用や移動のための交通費など様々なお金がかかります。
引越し代金の負担額は会社によって異なっており、自己負担額を考えるとなるべく安く抑えたいものです。

この記事では、転勤時の引越し代金をなるべく抑える9つの方法をご紹介します。

引越し業者と合わせて宅配便を利用する

家族での引越しなど移動する荷物の量が多くなる場合は、単身での引越しと比べて代金が高くなります。

引越し業者に運搬を依頼する荷物の量を減らしたい場合は、宅配便の利用が効果的です。
シーズンオフの物など、引越し後すぐに使用しない物は先に段ボールに詰め、宅配便で送ると引越し代金を抑えることができます。

宅配便を利用すると引越し代金とは別に送料が発生してしまいますが、引越し業者の追加料金と比べると安く済む場合が多いです。

また実家など自宅以外に荷物を保管しておける場所がある場合には、しばらく使用しない物は引越し前に宅配便で送っておきましょう。

家電などの大きな荷物をなるべく少なくする

洗濯機や冷蔵庫・大型家具などの大きくて運搬が困難な荷物が多いと、引越し代金が高くなることがあります。

新居に入らない家具や電化製品は買い替えを検討し、引越しを機会に処分することも引越し代金を安くする1つの方法です。特に家電は、新しいものを購入することで節電になる場合もあります。

また大きな荷物だけでなく、しばらく使用していない物も引越し前に処分すると段ボールの数を減らすことができます。

大手の業者だけでなく地元の業者にも目を向ける

引越しと言うと全国でコマーシャルをしているような大手の業者に目が向きがちですが、地元の業者に依頼することで値段が安くなる場合もあります。

特に春など移動が多い時期は、大手の引越し業者に依頼すると値段がとても高くなる傾向にあります。また大手の業者は予約が埋まりやすく、希望するスケジュール通りに引越しを申し込めない場合も少なくありません。

地元の引越し業者に引越しを依頼すると、大手よりも予約を取りやすく、比較的リーズナブルな金額で引越しができます。

大手業者の見積もりと合わせて、地元の業者への見積もり申し込みも検討してみましょう。

家族と引越しの時期をずらす

家族で引越しをする場合は、転勤対象者と家族の引越し時期をずらすことで代金を抑えられる場合があります。

人事異動が多い繁忙期の引越し代金や移動費はとにかく高く、家族全員で一気に引越しを行うとかなりお金がかかります。
よって転勤対象者だけがまず引越しを行い、家族は繁忙期を過ぎてから引っ越すことで代金を抑えることができます。

転勤対象者が生活するために一時的に家電のレンタルサービスなどを利用する必要がありますが、レンタル代金を含めても別々に引越しを行った方が安い場合が多いです。

またこの方法は、家族の引越しをゆっくりと行いたい場合にも効果的です。

相見積もりを申し込み、業者を比較する

相見積もりを申し込むと複数業者の見積もりを比較できるため、値段の差が分かりやすいとのメリットがあります。
また見積もりを利用して値引き交渉を行うことも可能となり、1番代金の安い業者を簡単に見つけられます。

ただし相見積もりには「訪問見積もりの際のスケジュール調節が必要」「複数の業者から頻繁に連絡が来る」といった、ただでさえ忙しい引越し前の手間が増えるとのデメリットも存在します。

相見積もりのメリット・デメリットについては以下の記事で詳しく紹介しています。

転勤時の引越しに相見積もりは不要!?相見積もりのメリット・デメリット

作業はできるだけ自分で行う

移動までに充分な時間がない場合は、荷物の梱包サービスなどの各種サービスを利用する人も多いかもしれません。

しかし上記のようなサービスはオプションとなっているため、業者の提供しているサービスを利用することで引越し代金が高くなってしまうことがあります。

自分でできる作業はなるべく自分で行うと、引越し代金の削減に繋がります。

単身パックにこだわらない

単身パックは1人だけの引越しを行う際に最もお得なパックのように感じますが、荷物の量によっては単身パックを選択しない方が安く済む場合があります。

単身パックの有無で業者を決めず、本当に単身パックがお得なのかを考えることが重要です。

引越し代が安い時間帯を選択する

引越し代金は日によって変動するため、人気のある日時を選択すると代金が高くなることがあります。

一番代金が安くなる方法は引越しの日時をお任せにすることですが、難しい場合は業者に安くなる日時を聞いてみることをおすすめします。

できるだけ早く行動する

転勤決定後にやるべきことはとても多く、中でも物件探しと引越し業者探しは一番手間のかかる作業です。

繁忙期には引越し業者も条件の良い物件も、すぐに埋まってしまいます。行動が遅くなると選択肢が狭まり、家賃の高い物件や代金の高い業者を選ばざるを得なくなります。

引越し代金を抑え少しでも条件の良い物件を選ぶには、転勤が決まったらなるべく早く行動することが大切です。

転勤時の引越し代金は少しの工夫で安くなることがある

手の上の家

この記事では、転勤の引越し代金を安くする9つの方法を紹介しました。

特に人事異動が多い繁忙期の引越し代金はとても高くなる傾向にあります。
高額な引越し代金は「荷物の量を減らす」「なるべく早く行動する」など少しの工夫で安くできるかもしれません。

転勤の引越し時に感じやすいストレスとその対処法については以下の記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

【総務担当者必見】転勤の引越し時に社員が感じやすい10のストレス

 

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.