おススメ記事

recommend

【お役立ち情報】女性従業員が引越しをする際の注意点や防犯面で注意すべきポイントを詳しく紹介!

企業内で転勤に伴う引越しをするのは男性だけとは限らず、女性が転勤をすることもあります。

女性が引越しをする際は男性よりも配慮すべき点が多く、特に1人暮らしの女性が引越しをする際の防犯面は要注意です。

この記事では、女性が転勤に伴う引越しをする際に引越し作業時や防犯面で注意すべき点について紹介します。

転勤に伴う引越しの担当をされている人事・総務部の方はぜひ参考にしてみてください。

女性従業員が転勤に伴う引越しをする際の注意点とは

引越し業者と女性

女性が引越しをする際はさまざまな点で配慮や注意が必要になります。
主な例は以下のようなことが挙げられます。

防犯面

女性の引越しで最も注すべき点といえば「防犯面」です。
女性従業員に万が一のことがあった場合、業務に支障が出る可能性が高いため、企業側も細心の注意を払わなければいけません。

また、防犯面は「引越し前」「引越し後」「作業中」とあらゆるシーンで注意が必要であり、事前に懸念点やリスクを確認しておきましょう。

荷造りや新居での荷解き

女性にとって引越しをする際の荷造りや荷解きは重労働であり、仕事をしながら帰宅後や休みの日に作業を行なうと身体が休まりません。
万が一、荷造りが引越し作業日までに間に合わなければ、引越し自体が遅れてしまう可能性もあります。

少しでも身体への負担を減らすために、荷造りが終わるまでは残業をせずに早めに帰宅させるなどの配慮することもおすすめです。

結婚に伴う引越しの可能性

女性従業員が引越しをしてから、結婚に伴って再度引越しが必要になるケースも少なくありません。
会社の費用で引越しをしてから再度引越しをするとなっては、会社側の出費が無駄になってしまいます。

そのため、女性従業員が転勤をするという話が出た時は、念のため結婚の予定はないか、引越しをしなければならなくなる予定はあるのかなど、確認をしておくと良いでしょう。

女性従業員の引越し作業時に注意すべきこととは

続いては女性従業員が引越しをする際の作業時に注意すべきことについて紹介します。
女性の防犯面は引越しをした後に注意が行きがちですが、実は引越しの作業時にも注意すべきことがあります。

主な例は以下の通りです。

誰かに同伴してもらう

引越しの作業時に女性1人で対応をすると、”女性が1人暮らしをする”と周りの住民に知られてしまうため、特に新居での作業時は要注意です。

また、作業員に触られたくない荷物も中にはあるでしょう。
そんな時は知人に同伴してもらい、荷物の搬送を手伝ってもらうことをおすすめします。

あいさつ回りは1人でしない

新居へ引越しをした際は、近隣の住人に対してあいさつ回りをされる方もいらっしゃると思います。
しかし、女性1人であいさつ回りをしてしまうと、引越しの作業を1人で対応するのと同様に周りの住民に1人暮らしだと知られてしまいます。

女性従業員が引越し後に近隣の住人とトラブルにならないためにも、女性の1人暮らしだと悟られないように工夫しておくことが必要になります。

荷物の中身が見えないようにしておく

女性の荷物の中には男性に見られたくない物が多くありますが、引越しの作業員は基本的に男性が多いのが実情です。
そのため、荷造りの段階で荷物が見えないように頑丈に段ボールに詰めておくか、2重で包んでおくと良いでしょう。

また、業者によっては女性が引越しをするときの為に、引越しの作業員を女性のみで依頼できるオプションを設けていることもあるため、事前に引越し業者に相談しておくのもおすすめします。

 

ビズリンクのバナー

女性が引越しをする際に防犯面で注意すべきポイントとは

女性が引越しをする際に最も注意すべきは防犯面であり、防犯面で細心の注意を払うことで、女性従業員が引越し後に安心して過ごせるようになります。
女性従業員が少しでも安心して暮らせるように、引越しにおける防犯面では以下のような点を注意しましょう。

住居の防犯設備

防犯面を意識するとなった際は、まず物件の設備を確認しましょう。

主な防犯設備は以下のような物が挙げられます。

・オートロック
・エントランス内にポストがある
・1ドア2ロック
・モニター付きインターホン
・入居時の鍵交換
・宅配ボックス
・窓のシャッター

上記のように住居に付いている設備のほかにも人感センサーや防犯カメラなど、自身で設置できる防犯グッズもあるため、購入を検討すると良いでしょう。

引越し先の治安を確認しておく

地域によって治安の良し悪しが異なり、中には事件や犯罪が多発している地域もあります。
引越しをしてから治安の悪さが発覚し、従業員が安心して生活できなくなれば仕事面にも支障が出かねません。

そのため、ある程度新居を決める地域が決まったタイミングで、事前に治安の良し悪しを調べておきましょう。

1人暮らしだと思わせない

女性の防犯面を強化してトラブルを回避するためには、近隣の住人に女性の1人暮らしだと知られてはいけません。
近隣の住人に女性の1人暮らしだと悟られないようには、以下のような工夫をしてみてください。

・引越し作業時に誰かに同伴してもらう
あいさつ回りを1人でしない
・カーテンはシンプル物にする
・洗濯物は男性衣類も干しておく
・郵便物などは極力宅配ボックスに依頼する
・表札や郵便受けに名前を書かない
・入居時には鍵を交換する

上記以外にもさまざまな方法があるため、事前に確認しましょう。

できるだけ真ん中の部屋を選ぶ

端っこの部屋に住んでいると、何かあった時に周りに気づかれにくいためリスクが高くなりやすいです。
その点、真ん中の部屋であれば何かあった時に両隣の住人に知らせやすくなります。

しかし、知人と電話をする時や生活音が隣の住人に聞こえてしまう可能性もあるため、1人暮らしだと気づかれないように注意しましょう。

周辺が暗い物件は選ばない

周辺が暗い物件の場合、事件が起こっても気づかれにくいためリスクが高くなりやすいです。
特に駅から遠い物件であればあるほど暗い可能性が高く、トラブルが起こりやすいため、物件選びから防犯面を意識しましょう。

 

引越し後のトラブルを防止するためにできる限りの対策をしよう

今回は女性従業員が転勤に伴う引越しをする際に、引越しや防犯面で注意すべきことについて紹介しました。

女性が引越しをする際は男性の時よりも配慮すべき点が多いため、人事・総務部側でも事前に対策すべきことが多いです。

少しでも従業員のトラブルを回避して引越しを完了させたい場合は、さまざまな引越しのケースでも適切なプランや引越し業者の選定を提案する株式会社ビズリンクにぜひご相談ください。

 

【ビズリンクの転勤手配サポートサービスの特徴】

1:企業専用の管理システム「テガルンPLAT」をご用意し、社宅も引越しもワンストップで手配可能。
  手配の業務負担は最大80%軽減!
2:お部屋探しは全国2,600店舗の提携網で、貴社の社宅規定にそった物件をご紹介。
  物件決定後も不動産会社との各種交渉や契約書類の修正も対応。

3:引越しは企業にあわせた複数プランをご用意。
  引越しのコストも最大で20%の削減可能!

  お気軽にお問合せください。⇒ https://bizlinker.co.jp/

CONTACT

転勤者のお引越しとお部屋探しを、安心、お手軽に行えるテガルンPLAT
サービスの詳細や料金については、下記までご連絡下さい。
03-6233-9440
受付時間:平日10:00~18:00