おススメ記事

recommend

【お役立ち情報】転勤時の引越しは相見積もりを取る?転勤引越しのアンケート結果から分かる相見積もりのメリットTOP3

全国に支社や支店がある大企業の場合、異動や転勤などの人事異動は避けては通れないもの。本記事は会社員300人に聞いたアンケート結果をもとに、転勤時の引越しの実態と対策を探っていくシリーズの第二弾です。

前回の記事(第一弾)はこちら:【お役立ち情報】転勤引越し、どう乗り切る!? 2023年最新!!引越しで面倒だったことをアンケート調査

第二弾の本記事では、転勤時の引越し費用の見積りに焦点を当て、相見積もりの実態やメリットについて紹介します。

また、専門業者への依頼のメリットについても触れていきますので、これから転勤される方はもちろん、企業の人事・総務担当の方、将来的に転勤の可能性のある方は必見です。
転勤は引越しを余儀なくされるケースが多いため、あらかじめ転勤時の引越しの要領やポイントを押さえておくことで慌てずに済むよう備えをしておきましょう。

ビズリンクのバナー

目次

①転勤時の引越しの見積もりは面倒?
②転勤時の引越しの見積もりは複数社から取る!2~4社取るケースも
③転勤時の引越しで相見積もりを取るメリットTOP3
④まとめ:転勤時の引越し費用の相見積もりは専門業者に依頼して効率的に!

 

転勤時の引越しの見積もりは面倒?

転勤時の引越しの実態と対策を探っていくシリーズの第一弾では、引越しの手配の際にもっとも面倒だと思ったことの調査結果を紹介しました。1位は「引越し業者の荷物(家財)確認の立会い」、2位は「引越し業者への見積書の依頼(連絡)」でしたが、面倒だと感じることの上位に選ばれたこの2つは「引越し時にこの工程を完全に無くすことが難しい」という点が留意すべきポイントでした。

関連記事:【お役立ち情報】転勤引越し、どう乗り切る!? 2023年最新!!引越しで面倒だったことをアンケート調査

特に「引越し業者への見積書の依頼(連絡)」については複数の業者に見積もりを取る「相見積もり」を行うケースも多く、その場合にはさらに手間が増える点も面倒だと感じさせる要因の1つになっていましたが、今回は相見積もりの実態についてもう少し詳しくご紹介していきます。

 

転勤時の引越しの見積もりは複数社から取る!2~4社取るケースも

見積りの際に複数の業者から見積りを取ることを「相見積もり」と言います。業者ごとに提示されるサービスや金額が異なるため、相見積もりを行うことで引越し費用を抑えることも可能になります。特に転勤時の引越し費用は業者によって金額に差がでるケースも多いため、相見積もりを行う人も多いのではないでしょうか。

ただし、見積もりを取る会社が増えれば、その分、業者とのやり取りが増えたり、手間が増える可能性もあります。実際に転勤時の引越しの際にどのくらいの人が相見積もりを行い、また相見積もりをする際は何社程度から見積もりを取るケースが多いのでしょうか。

アンケート結果によると、「2社〜4社の相見積もりを取る」と回答した人が合計で32.9%を占めており、約3人に1人は相見積もりを取っていることが分かりました。

見積もりを取る社数については「2社の見積もりを取る」と回答した人が15.7%、「3社の見積もりを取る」と回答した人が12.6%、「4社の見積もりを取る」と回答した人が4.6%の内訳となっており、相見積もりを取る場合、「2社の見積もりを取る」人が多いようです。

注目すべきは7.1%の人が「社宅・手配の代行業者にお任せ」と回答しており、転勤時の引越し準備の負担を軽減したり、効率よく引越しの手配をするため、専門の代行業社に依頼する人も一定数いることが分かりました。

       問:転勤時のお引越しの時は複数の引越し業者から相見積もりを取りますか? 相見積もりを取る場合は何社の見積書を取りますか?

転勤時の引越しで相見積もりを取るメリットTOP3

転勤時の引越しでは、およそ3人に1人の割合で相見積もりを取る人がいることが分かりました。それでは、具体的に相見積もりにはどんな目的やメリットがあるのでしょうか。

アンケートの結果によると、相見積もりを取る理由として最も多かったのは「引越し業者のサービスを比較できる(約62%)」という理由でした。2位は「安い引越し料金で引越しができる(約52%)」で、サービスや金額感にメリットを感じて、相見積もりを取るという企業が多いことが分かりました。

ただし、近年の引越し業界で見られる傾向として、3月や4月の新生活が始まる時期や各月の月初や月末などの繁忙シーズンには相見積もりをしてもあまり価格が下がらず、見積りのタイミングによっては相見積もりを取った方が費用が高くなるケースも実態として発生しているようです。
これは、「見積もり金額を下げなくてもニーズがある」という理由から引越し業者も活発に価格競争を行わないことに起因しており、結果として相見積もりを取ったとしても「引越し費用が高い」と感じる人もいるようです。

一方で、3位の「会社で決められたルールだから(約38%)」、4位の「複数の引越し業社と付き合いがあるから(約12%)」という理由もあり、転勤時の引越しには様々な会社の規則や配慮が必要なケースが多い点も垣間見えました。

このように、引越し業者への見積書の依頼は面倒だと感じながらも、一方で様々な理由で相見積もりを取る企業が一定数いることが分かりました。しかし、転勤時はただでさえ準備に手間がかかるもの。なるべく負担を減らして効率よく手配できるよう心掛けたいものです。

        問:【Q4】で相見積もりを取ると回答された方に伺います。 相見積もりを取る理由(メリット)をお聞かせ下さい。(複数回答可)

 

まとめ:転勤時の引越し費用の相見積もりは専門業者に依頼して効率的に!

転勤に伴う引越しは転勤者本人にとっても企業担当者にとっても面倒に感じる対応が多く、通常業務に加えて転勤の対応も並行して行うことは負担の増加にもつながります。

引越し作業の中でも「業者への見積りの依頼(連絡)」は面倒だと感じる人が多く、しかしながらこの工程を完全に無くしてしまうことも難しいため、転勤者本人や企業担当者の頭を悩ませることも多いでしょう。特に、様々な理由から相見積もりを取る場合は複数の業者とのやり取りが発生し、さらに多忙になってしまうケースも少なくありません。
そのような課題をお持ちの方は「株式会社ビズリンク」にぜひご相談ください。

株式会社ビズリンクでは、さまざまな引越しでも適切な業者選定や相見積もりの取得、プランの提案を行い、安心かつ効率的な引越しの完了をお手伝いします。

ビズリンクのバナー

【ビズリンクの転勤手配サポートサービスの特徴】

1:企業専用の管理システム「テガルンPLAT」をご用意し、社宅も引越しもワンストップで手配可能。手配の業務負担は最大80%軽減!
2:お部屋探しは全国2,600店舗の提携網で、貴社の社宅規定にそった物件をご紹介。物件決定後も不動産会社との各種交渉や契約書類の修正も対応。
3:引越しは企業にあわせた複数プランをご用意。引越しのコストも最大で20%の削減可能!

  お気軽にお問合せください。⇒ https://bizlinker.co.jp/

CONTACT

転勤者のお引越しとお部屋探しを、安心、お手軽に行えるテガルンPLAT
サービスの詳細や料金については、下記までご連絡下さい。
03-6233-9440
受付時間:平日10:00~18:00