Just another WordPress site

引っ越しの時間指定、都合に合わせた引っ越しをしたいときは?

進学や就職、転勤など、引越しというものは様々な状況で生じます。
想定外の状況での引越しも多々あることでしょう。

さらに、引越しは新しい住居先に家財を移すことだけではなく、ほかにも必要な手続きがたくさんあります。
役所に転居の届けなど、手続きを行う場合は基本的に平日に出向く必要がありますし、水道やガス、電気の開通手続きにも
都合が生じる可能性が考えられます。インターネット回線の開通等は、場合によって週単位の調整が必要なこともあるでしょう。

特に転居先が遠方の場合は行き来するのも大変になると思われますので、確実な日時を予め決めておきたいと思う場合が
ほとんどではないでしょうか。そうなると気になるのは、”引越しの作業時間指定が可能なのか”というところではないでしょうか。

結論から申し上げますと、業者に対して時間指定による引越し業務の依頼は可能です。
しかし、時間指定には様々な注意点があります。

時間指定によるメリット

・ライフラインが整った状態ですぐに居住することができる

・時間のロスを少なく引越しできる

引越しの作業時間指定をする最大のメリットは、ご自身の都合に合わせられるということです。
そして、引越し当日から転居先で気持ちよく新生活をスタートすることが可能です。

特に引越しに距離がある場合は、その必要性が高いでしょう。
電気、ガス、水道は転居先によっては即日開通ができないこともあります。
これらのインフラはライフラインに不可欠なため、事前によく確認することが必要ですが、開通作業が必要な場合は、
午前中に開通後、午後から引越しの搬入作業を開始することで、その日から不便なく居住することも可能でしょう。

人によっては、光通信などインターネット回線や、光電話若しくは固定電話を、居住を開始した時点で直ぐに
使いたいということも考えられます。インターネット回線の開通方法は転居先によってかなり異なるので、
早く使い始めたい方は特に注意が必要です。
また、賃貸の物件の場合はオーナーの意向で既にネット回線が引いてあることもありますが、ご自身で別の回線を
契約したいという方もいるかと思います。
現在のインターネット回線は光回線が基本的ですが、転居先に光コンセントがあるか無いかや、その光コンセントや
設備がどこの回線事業者なのかによって、手続きする回線事業者や作業が異なります。
転居前に内装を確認できない場合、転居先を管理しているオーナーや不動産会社への確認も必要ですし、場合によっては
光コンセントなどの回線設備新設のために、壁に設置やエアコンのダクト穴などから回線を部屋に通す「工事」を行い、
その後開通となることもあります。

こうなった場合もちろん即日での利用開始は不可能ですし、事前の日程及び時間調整が必要なため引越し後、直ぐに使いたい方、
特に遠方から引越される方には、引越しの時間指定は必要不可欠と言っても過言では無いでしょう。

職業柄などで常にパソコンを使う必要がある方は、引越しの作業時間の指定ができることはこういった面でもメリットが
大きいのではないでしょうか。

 

時間指定によるデメリット

・時期によっては時間指定そのものが困難

・追加料金が発生してしまう

・業者選びに時間がかかる可能性

日本では進学や就職と言う文化がある以上、必然的に引越しが行われる時期が偏ります。
その為、これらの事柄が多い春などは、そもそも引越しの依頼が困難であることもあります。同時に都合に合わせて引越しの
作業時間指定することも困難な場合があります。

また、引越しの時間指定はほとんどの場合、追加料金が必要になります。引越しの料金は時期によって変動しますので、
都合に合った時間に引越しを行いたい場合、費用が予定よりも大きく掛かる可能性があります。

さらに、業者を探す際に引越しの作業時間の指定という条件を含めると、対応可能な業者が中々見つからず、見つかったとしても
調整に時間がかかることもあります。

3月4月、月末月初、土日祝日など、引越しの依頼が多い時期には、業者を探す段階からデメリットになるとも言えるでしょう。
時間指定したことにより、費用が嵩んでも渋々、と言った形で引越しが行える場合は良いですが、そうではない場合は諸々の
再調整が必要になります。細かい時間指定には、そうした問題が付きまとう事は、注意する必要がありそうです。

さらに急な引越しだと、引越しの作業時間の指定はかなり難しくなります。

いずれにしても時間指定をしたい場合は、想定以上に費用が膨らむ可能性やそもそも希望の条件で引越しすること自体が不可能、
という可能性を念頭に置いた方が良いでしょう。

特に引越しに掛けられる費用が限られる方は、事前に早めの段階から念入りな調整が必要でしょう。

まとめ

引越しの時間指定は基本的に可能です。

遠方から引越す場合や、退去立ち合い、ライフラインの開栓立ち合いなど、ご自身の都合を優先したい人には、
メリットが大きいでしょう。

一方で、追加費用が掛かる場合もあり、時期によっては想定以上の費用が必要になったり、そもそも時間指定が
困難な場合が考えれれるので注意しましょう。

転勤者の引越支援サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.