Just another WordPress site

転勤の際の引越し費用を抑えるには

 

企業内で転勤がある際には、必ずと言っていいほど引越し作業が伴います。

企業の規模にもよりますが転勤する人数が必ずしも1人というわけではなく、中には一気に何十人もの社員が転勤をする企業もあります。転勤の際の距離もその度に異なり、中には関東から九州、九州から東北といったようにかなりの距離の引越しをする場合もあります。会社都合の転勤による引越しの費用は基本的に会社側の負担となり、引越しの距離が遠ければ遠いほど費用が高くなってしまうため、企業からすればより引越しの費用を抑えたいというのが正直なところでしょう。

そのため、今回は”引越しをする際の費用の抑え方”について、注意点も含めてご紹介していきます。

 

・ 引越し費用の抑え方

 

引越しシーズンをずらす

世間では3月、4月、9月が引越しシーズンと呼ばれており、引越し業者が繁忙期となり仕事が急激に増えるのです。

その理由としては、3月と4月は学生が高校から大学へ入学する際の引越しや、学生が就職による引越しを行うことが多いため重要が増えるのです。

9月に関しては、学生の第2新卒の採用や企業の決算に伴う転勤が増えるなどの理由が挙げられ、引越しの需要が増えることで値段が高騰してしまうのです。そのため、逆を言えばこの繁忙期以外で引越し業者の仕事が減る時期に引越しをすれば、費用は抑えられるということなのです。

主な狙い目のシーズンとしては1月、10月、12月と言われていますが、引越し業者によって費用の下がり幅は異なってくるので、よく確認しておく必要があるでしょう。

 

<注意点>

・転勤の時期が中途半端になってしまう

企業によって決算の時期が変わってきますが、多くの企業は決算期などのキリの良い時期に転勤を行うことが多いです。しかし、シーズンをズラすということは、時期が中途半端になってしまうため、転勤の時期も中途半端になってしまうのです。

・良い物件が空いていないことがある

良い物件は引越しをする母数が多ければ多いほど埋まってしまいやすいため、引越しの時期をズラすと良い物件が埋まってしまう可能性が高くなります。そのため、転勤をしようにも従業員が住みにくくなるなどのデメリットが生じやすくなることで、物件選びに時間がかかってしまうことがあるのです。

 

引越し業者と宅配便を併用する

引越しの際には荷物を全て引越し業者に任せるケースがほとんどですが、実は宅配便と併用することで費用を抑えることもできるのです。引越しの際の費用は荷物の量や段ボールの数によって変動し、荷物を詰める為の段ボールも引越し業者が用意してくれるので費用が高くなってしまいます。そのため、ソファーや家電製品などの大きな物は引越し業者に任せ、小物などの簡単にまとめられる物は宅配便で送っておくといいでしょう。また、宅配便は引越しのように時期によって費用が変動しないため、引越しの時期に問わず併用が可能となる点でもメリットがあるでしょう。

 

<注意点>

・段ボールの用意と大きさ

引越しの際には段ボールは基本的に引越し業者が用意してくれますが、宅配便の時には自身で段ボールを用意しなければいけません。また、宅配便で送れる大きさにも制限があり、段ボールに入らない荷物を送ることはできません。そのため、送れる物の制限がかかり、小物があまり無い人の引越しにはあまりメリットが出せないこともあります。

・当日には届かない

引越し業者であれば荷物を任せた当日に届きますが、宅配便は距離が近くとも当日には届かずに翌日以降になってしまいます。会社の転勤は基本的に事前に告げられるため、そこまでのデメリットではないかもしれませんが、急遽の転勤時や早急に届けたいときにはデメリットとなってしまうでしょう。

 

大手以外でも見積もりを出す

引越しをする際には、大手の方が信頼ができるということで大手の引越し業者に依頼をする方が多いでしょうが、大手以外の業者で安さを売りにしている業者も数多くあるのです。また、事務所の移転ほど規模大きい引越し作業であれば、大手のような幅広い対応ができる業者の方がスムーズですが、転勤による規模の小さい引越しに関しての対応に関しては大手とそこまでの大差がないため、より費用を抑えたい時には大手以外の業者にも見積もり依頼をしておくといいでしょう。

 

<注意点>

・手間が増える

大手に依頼をする場合には、見積もりを見て問題なければ依頼をすれば解決できますが、いくつかの業者の見積もりを比べるとなると業者ごとの内訳などを細かにチェックする必要があるため、依頼するまでの時間が長くなってしまいます。また、大手以外の業者は数多くあるため、そもそもどこの業者に見積もりを出してもらうかを決めるだけでも迷ってしまうケースが多いのです。

・<まとめ>費用を抑えられるサービス

ここまでで引越しでの費用の抑え方や注意点についてご紹介しましたが、それぞれの費用の抑え方にはメリットがあればデメリットも伴い、起業によっては得られるメリットの大きさや、デメリットの大きさが変わってくるでしょう。そのため、あらゆる費用の抑え方の中でも、自社の方針に合ったやり方で引越しを行うべきであり、費用面を重視し過ぎるあまり転勤自体が面倒な形になってしまっては本末転倒にもなってしまいます。そのため、一番費用と引っ越しのクオリティのバランスが取れるやり方で進めることをオススメ致します。

また、ビズリンクでは、現状の引越しコストを元に引越し業者へ交渉をすることで、各企業様専用の、よりコストを抑えた料金表を作成するというサービスも行っているため、少しでも引越しの費用面でお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

転勤者の引越支援サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.