Just another WordPress site

新入社員は寮に引越しさせるべき?寮に引越し際の注意点も解説

新入社員の入社が決まった後、引越し手続きを行う企業は多いでしょう。

しかし、

「新入社員は寮に引越しさせるべき?それとも賃貸物件?」

「新入社員を寮に引越しさせる際に注意すべき点って何?」

といった疑問が出てくる方も多いのではないでしょうか。

記事のポイントについて

  • 新入社員は寮に引越しさせるべき?
  • 新入社員を寮に引越しさせる上での注意点

そこで本記事では、新入社員は寮に引越しさせるべきなのか、理由や注意点を合わせて詳しく解説していきます。

 

新入社員は寮に引越しさせるべき?

会社の方で寮を所有している場合、積極的に新入社員は寮に引越しさせることを推奨します。

寮に引越しさせるべき理由は以下の3つです。

  • 引越し費用を抑えることができる
  • 運営しやすい
  • 両親を安心させやすい

それでは、解説していきます。

 

理由1:引越し費用を抑えることができる

会社が寮を所有しているのであれば、社宅として新たに物件を用意するよりも、寮を利用することで引越し費用を抑えることができます。

寮であれば、家具家電の運搬費用が発生しないため、大きくコストの発生を抑えることができます。また、新入社員の私物に関しては、個人で持ち込むことで引越し業社を依頼する必要もありません。

そのため、引越し手続きに慣れていない新入社員を引越し業者と連絡させて、入居自体が遅れてしまう、などの問題がなくなります。

 

理由2:運営しやすい

寮の場合、所有している会社が運営していくため、問題が発生した場合、対処しやすいです。

賃貸物件に住まわせる場合、入居中に万が一問題が発生した際、入居者である新入社員が管理会社・勤めている会社と板挟み状態となるため、対処が難しいでしょう。

また、入居者は全て同社員となりますため、管理運営もしやすいです。

定期的に入寮している社員に新入社員の寮での印象を伺うだけで、会社では知ることができない新入社員の人間性を把握することも可能です。

 

理由3:両親を安心させやすい

上記の通り、会社にて運営している寮は入居者が全て同社員となりますため、入寮している社員間で密接にコミュニケーションを取ることが可能です。

また、万が一社員に連絡が取れない場合でも、すぐに安否確認を行うことができます。

賃貸物件の場合、会社が契約している物件でも、安否確認を行う際は管理会社と警察立ち合いにて確認を行う必要があります。

学校を卒業した後、新卒で入社してくる新入社員は、一人暮らし自体に慣れていない場合も多く、両親が心配している場合も多いです。

しかし、会社が管理・運営している寮の中であれば、同じ会社の社員同士で日々コミュニケーションを取ることも可能ですし、一人暮らしが初めての新入社員でも何かあった際は周りからサポートも期待できます。

万が一の際にすぐ対応できる寮の方が両親を安心させやすいと言えるでしょう。

 

新入社員を寮に引越しさせる上での注意点

新入社員を寮に引越しさせる際には、以下の2点に注意が必要です。

  • 寮内でのルールを予め新入社員に伝えておく
  • 寮の場合は付近の部屋の入居者に挨拶すべき

寮は賃貸物件とは取り扱いが大きく異なるため、上記注意点を会社側も予め確認が必要です。

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

 

寮内でのルールを予め新入社員に伝えておく

会社が運営している寮には、個人部屋・食堂・共用部分が存在しています。

1つの部屋に全てが用意されている賃貸物件とは異なるため、予めルールを定めている場合が多いでしょう。そのため、新たに入寮する新入社員に定められたルールを説明しておく必要があります。

新入社員に寮のルールを説明していなければ、入居者間でトラブルが発生してしまうでしょう。

また、寮によっては入居者の間で独自のルールが定められている場合も存在しているため、念のため新入社員が入社する前に、入居者に確認しておくことも重要です。

 

寮の場合は付近の部屋の入居者に挨拶すべき

寮は賃貸物件とは異なり、共用生活となるため、入寮後に付近の入居者に挨拶を行っておく必要があります。

食堂などでは頻繁に顔を合わせることとなり、会社内でもコミュニケーションを取る場合が存在しているため、挨拶を行っていないければ、気まずい雰囲気になってしまう可能性が高いです。

また、挨拶を行う際は、寮内の人数分のお菓子などを持ち込むと、よりコミュニケーションを取りやすいと言えるでしょう。

しかし、プライベートを重視している寮も存在しているため、予め会社側から新入社員に挨拶の有無を知らせておくことで、余計な気疲れをせずに入寮させることができます。

 

まとめ

以上、新入社員は寮に引越しさせるべきなのか、理由や注意点を合わせて詳しく解説していきました。

会社が寮を所有している場合は、積極的に新入社員を入寮させることで、集団生活での対応・コミュニケーション能力の向上につなげることが可能です。

しかし、会社によって社員のプライベートを重要視している場合は、寮内での過度な交流は控える方がいいかもしれません。

新入社員を入寮させる際は、会社内の雰囲気やルールに則って対応することで、スムーズに引越し手続きを行うことができるでしょう。

 

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.