Just another WordPress site

新入社員の引越しに手当ては必要?手当て以外の費用はどこまで負担するべき?

新入社員が入社する際、引越手続きが完了したとしても、

「新入社員の引越しに手当ては必要なの?」

「引越費用は手当て以外どこまで負担するべき?」

といった疑問が出てくるのではないでしょうか。

記事のポイントについて

新入社員の引越しに手当ては必要?

新入社員の引越費用は手当て以外でどこまで負担するべき?

 

そこで本記事では、新入社員の引越しに手当ては必要なのか、引越費用は手当て以外どこまで負担するべきなのかを詳しく解説していきます。

 

新入社員の引越しに手当ては必要?

新入社員の引越しに手当ては必要です。

引越時に発生する費用を全て会社が負担することはおすすめできませんが、引越手当として、引越一時金を支給することをおすすめします。

新入社員の引越一時金であれば、数万円が妥当です。しかし、部署・社歴によって支給される金額は異なるため、予め確認が必要です。

新入社員の引越しに手当てが必要な理由は以下の2つです。

  • 福利厚生の面から信頼を得ることができる
  • 良い環境構築を促すことができる

それでは、解説していきます。

 

理由1:福利厚生の面から信頼を得ることができる

新入社員が会社に長く勤務し続けるためには、勤務環境だけではなく、福利厚生が非常に重要になってきます。

そのため、引越手当てを支給することで、福利厚生が充実していることを新入社員の方に示すことが可能です。新入社員が入社してから福利厚生が充実しているかどうかは、利用する機会も少ないため感じることはありません。

新入社員によって感じ方は様々な部分ではありますが、入社してすぐ会社の福利厚生を受けることで、信頼を得ることができます。

福利厚生が充実しているかの判断は非常に難しい部分ではあるため、入社してすぐに福利厚生を感じさせることが可能です。

 

理由2:良い環境構築に促すことができる

新入社員が引越しを行う場合、大半が予備資金が少ないため、給料と比較して物件を探す傾向にあります。しかし、物件の家賃が少ない場合でも、引越し一時金を支給することで良い環境構築を促すことが可能です。

引越一時金を支給したとしても、全ての新入社員が物件の家具家電に引越一時金を使用するかどうかはわからない部分となるため、注意が必要です。

また、引越一時金によって、良い環境構築を促すことができれば、社内でのパフォーマンスの向上が期待できます。

 

新入社員の引越費用は手当て以外どこまで負担するべき?

新入社員の引越時に手当てを支給する以外にも、具体的には以下のような費用が会社負担となることが多いです。

負担すべき費用は大きく分けて3つです。

  • 引越時発生料金
  • 家賃以外の初期費用
  • 交通費

上記費用は企業によって負担の有無は異なるため、全ての企業に当てはまるわけではありません。

それでは、詳しく解説していきます。

 

引越時発生料金

引越時発生料金とは、引越時に引越業者に依頼する際の料金や不用品を回収してもらう費用のことを指します。

費用を負担する会社側は、予算を予め新入社員に対して明確にしておくことで、スムーズに支払いを行うことが可能です。

特に、引越業者による不用品回収などは、会社が費用負担を行わない場合が多いため、必ず確認が必要です。

しかし、引越時に発生する費用に関しては、基本会社が負担してくれる場合が多いため、新入社員には、不正を防ぐためにも発行した見積書は必ず会社に提出させる必要があります

 

家賃以外の初期費用

物件に入居する際には、以下のような初期費用が発生します。

  • 敷金
  • 礼金
  • 不動産会社に対する手数料
  • 火災保険
  • 室内クリーニング費用
  • 鍵交換費

上記の中で会社が負担する割合が高い費用としては、敷金・礼金や不動産会社に対する手数料・室内クリーニング費用です。

会社によっては、上記費用の全てを負担してくれる場合もありますが、火災保険や鍵交換費などに関しては、入居者の負担になる可能性が高くなっています。

また、新入社員の方に関しては、会社が一部発生費用を負担してくれるのであれば、負担してくれる費用によって物件を決定するのがおすすめです。

 

交通費

引越時の費用に発生する交通費とは、新入社員の方が現在入居している物件から新居に移動するための移動費のこととなります。

同じ県内での移動であれば、移動する際にそこまで費用が発生することはありませんが、地方から東京都内に移動するのであれば、かなりの移動費が発生するため、交通費を負担することをおすすめします。

また、地方からかなりの距離を引越してくる場合は、交通費だけではなく宿泊費も負担してくれる場合が多いです。

そのため、引越しを行う地域によって会社が臨機応変に対応してあげることで、新入社員から信頼を得ることもできます。

 

まとめ

以上、新入社員の引越しに手当ては必要なのか、引越費用は手当て以外どこまで負担するべきなのかを詳しく解説していきました。

新入社員が引越しを行うのであれば、引越手当てを支給することをおすすめします。会社に対しての信頼や、良いパフォーマンスを発揮することができる環境を提供することが可能です。

新入社員への引越手当ての有無を検討しているのであれば、支給してみてはいかがでしょうか。

 

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.