Just another WordPress site

2020/08/21

【総務担当者必見】転勤の引越し時に社員が感じやすい10のストレス

働く環境と住環境が一度に大きく変化する転勤。
転勤は総務や人事担当者の負担も大きいですが、転勤者はそれ以上に大きなストレスを感じています。
転勤のストレスによるうつ病は「転勤うつ」とも呼ばれ、転勤を原因として転勤者やその家族がうつ病になることも少なくありません。

この記事では、転勤の引越し時に社員が感じやすい10のストレスについてご紹介しています。
転勤者の負担を少しでも減らしたいとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

業者が見つからない

転勤が決まってからまず苦労するのが引越し業者探しです。
特に人事異動が多い繁忙期は業者のトラックが埋まりやすく、なかなか条件に合った業者が見つかりません

業者が見つからずスケジュールが押されると赴任日の再調整などの面倒な作業を行う必要があり、結果として転勤者の負担増加に繋がります。

複数業者による訪問見積もりが面倒

複数の業者に見積もりを出すと、見積もりを依頼した時点から訪問見積もりのため日程調整の連絡が殺到します。
訪問見積もりは本人か家族が必ず家にいる必要があり、業務の引継ぎや事務作業などで忙しい引越し前に複数の業者が家に出入りすることは、転勤者とその家族にとって大きな負担となります。

また相見積もりは複数の業者がバラバラに連絡してくるため、対応が面倒・業者ごとに時間を調節する必要があるといったデメリットも存在します。
相見積もりのメリット・デメリットについては、以下の記事で詳しく解説しています。

転勤時の引越しに相見積もりは不要!?相見積もりのメリット・デメリット

段ボールがなかなか届かず、荷物を整理できない

引越しに必要な段ボールやガムテープなどの梱包資材は、引越し業者が決まってから届きます。
よって業者が決まるまでは転勤者はなかなか荷物を整理できず、引越しの準備を進めることができません。

限られた日程で引越しを行う必要があるにも関わらず荷造りを進められないことは、転勤者にとって大きなストレスとなります。

荷造りやゴミ処理が負担

転勤による引越しの際は、通常業務や引き継ぎなどを行いながら家の全ての荷物をまとめることになります。

また引越し時には、入居先で使えそうにない家具や家電などの粗大ゴミを処理することも多いです。
「急な引越しで荷造りが終わらない」「ゴミ処理に時間やお金が掛かる」などの悩みを抱える転勤者は多く、短時間での荷造りやゴミ処理は社員によって負担が大きい行為と言えます。

引越しの期間に出費がかさむ

引越しの際は家具や家電の購入代金・移動のための交通費など、何かと出費がかさみます

さらに住宅の修繕費用や入居日と引越し日がずれてしまった際のホテルの宿泊費など、予想外のお金が必要になることもあります。
会社から全ての引越し費用が支払われないことも多いため、金銭面で悩む転勤者も多く存在します。

ギリギリのスケジュールで進めなくてはならない

人事異動が発表されてからの引越しは常にギリギリのスケジュールになってしまい、転勤者は短期間で引越し業者の手配から物件選び、荷造りまでの全ての準備を求められます。

また業務の引継ぎもしなければならないため、仕事と家と両方の準備を一気に行う必要があり、結果として転勤者の負担がとても大きくなります。

ライフラインの開通など引越し後の手続きが面倒

無事に引越しを終えた後にも、荷物を開けたり、転入届を提出したりといった多くの作業が残されています。

特にライフラインやインターネットの開通手続きは立ち合いが必要な場合もあり、引越し後の疲れている中でスケジュール調整を行うことを負担に感じる人も多いです。

条件に合った物件が見つからない

業者探しと同じく、物件選びも引越しで苦労する点の1つです。
特に転勤先が遠方の場合は物件を直接見に行くことも難しく、なかなか条件に合った物件を見つけることが難しい傾向にあります。

さらに物件の内覧が難しい場合は引越し時までどのような家か分からないため、転勤者にとって引越しを不安に感じる要因の1つとなります。

引越し先のエリアがどんなところか分からず不安

職場環境の変化は、人間関係の変化にも繋がります。
また引越し先が遠方でその地域についてよく知らない場合は、人間関係と合わせて住環境に対する不安も存在します。
これから自分が住む環境に対する不安がストレスに繋がることは多いと言えるでしょう。

赴任先との赴任日の調整や一時宿泊のホテルの用意が大変

引越し業者がなかなか決まらない・業者のトラックがいっぱいで予定通りに引越しができないなどのトラブルが発生した際には、赴任日がずれる場合もあります。

その場合転勤者はスケジュールの再調整を行ったり、一時宿泊のホテルを用意したりする必要が発生します。
通常業務と合わせて慣れない作業を行うことも、転勤者とって大きなストレスに繋がると言えます。

転勤時の社員のストレスは、引越し手配代行サービスの利用で軽減できる

一軒家

この記事では、転勤時に社員が感じやすいストレスについて紹介しました。
転勤による引越しは短期間で複数の業務を一気に行う必要があるため、社員にとって大きな負担となります。
特に環境の変化やスケジュール調整にストレスを感じる社員は少なくありません。

転勤時の引越しによる社員のストレスを軽減するには、引越し手配代行サービスの導入が効果的な場合があります。
引越し手配代行サービスには以下のようなメリットがあり、結果として総務担当者や転勤者の負担軽減にも繋がります。

  • 業者を選ぶ手間が省ける
  • 見積もり依頼から最短2日で段ボールをもらえる
  • 相見積もりの手間が省ける
  • 引越しのトータルコストを削減できる

代行サービスの導入により引越し時の手間を省くことで、社員は物件探しや業務の引き継ぎに集中することができます。
引越し代行サービスの導入は、環境の変化による社員のストレスを軽減する1つの有効的な手段と言えるでしょう。

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.