Just another WordPress site

2020/08/12

転勤時の引越しに相見積もりは不要!?相見積もりのメリット・デメリット

限られた期間の中で「業者探しから物件決め・スケジュール調整」まで行う必要がある転勤時の引越しは、移動する社員はもちろん、総務や人事担当者にも多くの手間や負担がかかります。

中でも予算や条件に合った業者を探すことは難しく、繁忙期の業者探しで頭を悩ませたことのある方も多いのではないでしょうか。

引越しの業者探しと聞くと取りあえず相見積もりをとるイメージがあるかもしれませんが、相見積もりには思わぬデメリットが複数存在します。軽い気持ちで申し込んだ相見積もりで、結果的に損をしてしまうかもしれません。

ここでは、転勤時の引越しにおける相見積もりのメリット・デメリットを詳しく解説しています。
転勤時の引越しの手間や料金を少しでも減らしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

相見積もりのメリット

メリット

相見積もりには、主に3つのメリットが存在します。
まずはそれぞれのメリットについて解説します。

  • 複数の業者を比較できる
  • 値下げ交渉にも繋がる
  • 担当者の態度や業者のイメージを事前に確認することができる

複数の業者を比較できる

1つ目のメリットは、複数の引越し業者を比較できることです。
同じ距離の引越しを依頼しても、会社によって見積もり料金はもちろん、プランの内容も異なることがほとんどです。

複数の業者のプラン内容や料金を比較することで、自社の予算や条件に一致する業者を素早く見つけることができます。

値下げ交渉にも繋がる

さらに、他社の見積もりを値下げ交渉に利用できることも相見積もりのメリットの1つです。

例えば5社の見積もりをとり、サービスや料金が条件に近い2社で迷ったとします。
2社のうち一番条件の良かった業者に連絡し、他社の見積もり内容を営業担当者に伝えると、最初に提示された見積もりの値段よりも金額が安くなる場合があります。

この様に、相見積もりは値下げ交渉を行うときの1つの手段としても効果的です。

担当者の態度や業者のイメージを事前に確認することができる

引越し業者は丁寧な対応をする会社から、丁寧さに欠ける対応をする会社まで千差万別。
数ある引越し業者の中には、大切な家具や荷物の扱いについての教育を受けていない作業員を使っている業者も稀に存在します。

見積もりの際に自宅を訪問し、値段を計算する「訪問見積もり」を選択している業者も多いです。
見積もりに訪れた担当者の態度が悪ければ、実際に引越しをするときの荷物の扱いもあまり期待はできないと言えるでしょう。

複数の業者に見積もりを依頼しておけば態度の面でも業者を比較できるため、自分が一番安心できると感じた業者に荷物を預けられます。

相見積もりのデメリット

デメリット

特に料金面でお得感が大きい相見積もりですが、デメリットも複数存在します。
次に、相見積もり前に知っておきたい7つのデメリットについて解説します。

複数の業者探しに時間が掛かる

相見積もりは複数の業者を探し、各社に見積もりを申し込む必要があります。
しかし、人事異動が多い繁忙期には対応できる業者が見つからないことも。

通常業務を行いながらの業者探しはとても手間のかかる仕事であり、担当者と転勤者の両者にとって大きな負担となります。

問い合わせ後に電話やメールが殺到する

複数の業者に見積もりを申し込むと、見積もりを依頼した時点から業者からの電話やメールが殺到します。

人事異動の時期は他の業務で忙しいことも多いため、電話に出られないと一々かけ直す手間も発生します。
また一度話を聞いた後でも営業担当者からしつこく連絡が来ることもあり、結果として担当者の手間や仕事の増加に繋がることも少なくありません。

全ての見積もりが揃うまでに時間がかかる

見積もりが出るまでの時間は業者によってバラバラなので、全ての見積もりが揃うまでに1週間以上かかることもあります。

見積もりが揃わないとサービス内容や料金の比較ができず、話が前に進みません。
また繁忙期には、全ての見積もりが揃うタイミングを待っていると業者のトラックが埋まってしまうこともあります。

業者が決まるまでは社員も引越しの準備自体が始められないため、転勤者にとっても大きな負担となります。

繁忙期には業者が見つかりにくい

人事異動が多い時期は引越し業者を利用する人が多いため、業者が非常に見つかりにくい傾向にあります。

やっと見つかっても値段がとても高かったり、希望するスケジュール通りにいかないこともしばしばです。
さらに業者を確保できないことで、異動の日程をずらす必要が出ることもあります。

訪問見積もりの日程調整が困難

正確な料金を計算するために自宅を訪問して見積もりを行う「訪問見積もり」が必要な引越し業者は多いですが、訪問見積もりには誰かが家にいなくてはならないとの大きなデメリットがあります。

引越し業者とスケジュールを合わせる必要のある訪問見積もりは、引越し前で様々な準備に追われている社員やその家族にとって負担が大きく、複数社の訪問を受けることは転勤者のストレスの原因にもなります。

また訪問見積もりは業者と転勤者のスケジュール調整をする必要があるため、見積もりが揃うまでに時間がかかる原因の1つにもなってしまいます。

業者が決まるまで段ボールを貰えない

相見積もりの最大のデメリットは、複数社を比較することで業者が決まるまでに時間がかかることです。
業者が決まらないと段ボールや梱包資材がもらえないので、転勤者は荷物をまとめることができません。

転勤者は業務の引継ぎや物件決めなど他にもやることがたくさんあるため、段ボールが来ないことは転勤者にとっても大きなストレスになります。

値下げ交渉を転勤者に任せると効果が得にくく、担当者が行うと手間が膨大になる

メリットでも解説した通り、相見積もりは値下げ交渉に効果的に働く場合が多いです。
しかし転勤者が交渉を行うと「決裁権のない転勤者と話をしても本当に自社を使ってくれるか分からない」と業者の営業担当者に考えられてしまうため、思ったような値引きにならないことも多くあります。

また交渉を転勤者任せにすると、最終的には会社が支払うからと転勤者本人がある程度の値引きで交渉を取りやめてしまうこともあります。

一方交渉を人事担当者が行うと、手間や時間が多くかかってしまいます。
結果として他の業務への影響が出たり、引越しコストは下げられたけれども、残業代などの業務コスト自体が上がってしまったりといったことになる場合もあります。

相見積もりは価格面でメリットがあるが、手間も多い

この記事では、相見積もりのメリットとデメリットについて解説しました。

転勤時の引越しにおける相見積もりは値引き交渉がしやすいことや、態度の確認ができるなどのメリットがありますが、結果として人事担当者の手間が増える・転勤者にストレスがかかるなどのデメリットも多く存在します

転勤時の引越しによる担当者の負担を減らすためには、引越し手配代行サービスの導入も効果的です。
例えば引越し代行サービスのテガルンを導入すれば、引越し作業から経理の処理まで転勤の引越しに関わる全ての手配を任せられます。

転勤による引越しは転勤者に多くの手間やストレスがかかります。
総務担当者の負担軽減が、結果として転勤者の負担軽減にも繋がると言えるでしょう。

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.