Just another WordPress site

新入社員を引越しさせる時期はいつがおすすめ?理由も合わせて解説

新入社員が入社するにあたり業務の準備や手続きに追われている企業も多いのではないでしょうか。

その中でも「新入社員を引越しさせる時期はいつにするべき?」といった疑問をお持ちの方も多いでしょう。

記事のポイントは以下の通りです。

  • 新入社員の引越し時期は研修後の5-6月がおすすめ
  • 3.4月頃は新入社員の社宅引っ越しは時期的に控えるべき
  • 閑散期と繁忙期では引越し手続きはどこが違う?

本記事では、新入社員を引越しさせるおすすめの時期や理由も合わせて解説していきます。

 

新入社員の引越し時期は研修後の5.6月がおすすめ

新入社員を引越しさせる時期は研修後の5.6月がおすすめです。

近年は新入社員を入社させた後、平均1ヶ月ほど研修期間が設け、研修後に本配属先を決定される企業が増えています。

以前は配属先が入社前にすでに決定している場合が多く、入社前に新入社員に引越しを促しておくことも可能でしたが、最近は引越し難民などの問題で、入社前に引越しをさせようにもできないこともあるため、研修後に引越しさせる方が最適と言える環境となっています。

また、新入社員の引越し時期を研修後の5.6月頃にするのには、上記以外にも大きく分けて以下の2つが考えられます。

  • 引越し業者にかかる費用がやすい
  • 希望に合う物件を選びやすい

それぞれ詳しく解説していきます。

理由1:引越業社にかかる費用が安い

引越し業界では2月から4月にかけては繁忙期となっており、繁忙期期間中に引越しを依頼すると閑散期と比べて1.3〜2倍ほど費用がかさんでしまいます。

しかし、5.6月に関しては、引越し需要が落ち着いてきている時期になりますので、希望日での引越しを行うことも可能ですし、発生する費用も安く抑えることもできます。

また、新入社員といえど、繁忙期に契約を行った物件では、時に仲介手数料や家賃の値引き交渉に不利になる可能性も考えられます。

理由2:希望に合う物件を選びやすい

2月から4月にかけては引越し業界も繁忙期ですが、不動産業界も繁忙期となります。人気の高い物件に関しては家賃が多少引き上げられており、それでも人気な物件についてはすぐに契約が決まってしまいます。

そのため、新入社員の希望に合うような物件を見つけることができず、本配属が決定したとしても転居先が決まっていないといった状況も発生します。研修後の5.6月頃であれば、物件価格も落ち着いており、新入社員の希望条件にあう物件を探すことが可能です。

長期的な勤務を考えているのであれば、ある程度新入社員の希望に沿った物件に入居させることも重要ですので、研修後の5.6月頃に新入社員の希望に合う物件に入居させることをおすすめします。

 

閑散期と繁忙期では引越し手続きはどこが違う?

上記でも解説している通り、2月〜4月が繁忙期、5月〜1月が閑散期となります。

閑散期と繁忙期では引越しの手続き自体の変更はありません。手続きの違いではありませんが、引越し業者毎に行われているキャンペーンに関しては、繁忙期に開催されていることは少ないです。

しかし、閑散期には引越し料金のキャッシュバックや景品のプレゼントキャンペーンなどが、開催されている可能性が高いため、お得に引越しを行うことができます。

 

3.4月頃は新入社員の社宅引越しは時期的に避けるべき

企業側が引越し費用・物件の費用を一部負担する社宅の場合でも、3.4月頃の引越しとなれば、繁忙期となりますので閑散期よりも費用がかかかってしまいます。

また、会社が引越し業者・物件を選択する場合ですと、いずれか一方の費用が予算よりもかさんでしまうと、もう一方の予算を抑えることになる可能性が高いです。

もしくは、新入社員の費用負担割合が高くなり、入社後に不満を言われることも考えられるでしょう。しかし、繁忙期に新入社員の希望に合う物件を複数件探すのは現実的に難しく、費用の面でも折り合いがつかない場合もあります。

そのため、3.4月頃は引越しを避けることをおすすめします。

 

入社後の社宅であれば5.6月頃がおすすめ

社宅の場合でも3.4月頃の引越しは控えるべき時期ですが、5.6月頃はおすすめの引越し時期と言えるでしょう。新入社員本人が引越し手続きを行う場合でも、5.6月頃の引越しはおすすめとなり、紹介している理由は社宅として引越し場合でも当てはまります。

また、入社後の社宅となる場合、転勤することを基準に考えていることが多く、入社時点で本配属先が決定していない場合も考えられます。

そのため、3.4月頃にすでに引越しさせてしまっていると、別途引越し費用が発生してしまうため、3.4月頃の引越しは控えるようにしましょう。

まとめ

以上、新入社員を引越しさせるおすすめの時期や理由も合わせて解説していきました。

本配属がすでに決定している企業の場合、新入社員が入社する前に引越しを促している場合が多いですが、費用や物件の空室状況が希望に合わず、入居者である新入社員の負担になっている可能性も考えられます。

そのため、新入社員を引越しさせる時期は、閑散期の5.6月頃がおすすめと言えるでしょう。

新入社員の引越し時期に悩んでいる場合は、本記事を参考に引越し時期を決定してみてはいかがでしょうか。

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.