Just another WordPress site

2021/02/19

転勤できない!?引越業者が見つからない時にとるべき3つの方法!

企業に勤めている方であれば転勤を経験する場合があります。

しかし、

「転勤が決まったけど引越業者が見つからない」

「引越業者が見つからない時はどうすればいいの?」

といった心配が出てくる可能性が高いです。

この記事のポイントについて

  • 引越業者が見つからない時にすべき3つの方法とは
  • 引越業者が見つからなくなる前に‥とるべき3つの行動

そこで本記事では、引越業者が見つからない時にすべき方法や見つからなくなる前にとる行動について詳しく解説していきます。

 

引越業者が見つからない時にとるべき3つの方法とは

引越業者が見つからない時は、以下3つの方法を試してみることが重要です。

  • 荷物を分散して引越す
  • 日程を変更する
  • 大手以外の中小業者にも依頼する

それぞれ詳しく解説していきます。

 

その①:荷物を分散して引越す

引越業者が思うように見つからない時は、先に自分だけ引越しを行うのも1つの手です。

先に自分だけが引越しておき、荷物を分散して新居に持ち込むことで、引越業者を利用することなく引越しすることができます。

1人で引越しするのであれば、必要な荷物は比較的少ないため、1週間〜1ヶ月荷物を分散すれば引越自体は可能です。

しかし、分散して引越しをしている間は、以前まで入居していた物件は契約し続けることになるため、家賃が発生し続けてしまいます。

そのため、引越業者が見つからないのであれば、予め1ヶ月分の家賃程度を用意していれば安定して引越しが可能です。

 

その②:日程を変更する

不動産業界・引越業界共に、どうしても4月・9月は混み合ってしまいます。

そのため、混み合う時期に転勤する必要があるのであれば、引越しする時期・日程自体を変更することがおすすめです。

例えば、本来4月上旬に引越す予定だとしても、引越業者が見つからない場合4月の下旬にずらすことで対応してくれる引越業者が出てきます。

しかし、転勤の日程が変更できない方であれば、難しい場合がありますので自社の状況に合わせて対応することが重要です。

 

その③:大手以外の中小業者にも依頼する

スケジュールが埋まっていく引越業者としては、大手業者の場合が多いです。

大手業者は信頼性が高いため、スケジュールが埋まっていきますが、案外中小業者に依頼してみると問題なく依頼できる場合があります。

しかし、中小業者やあまりにも小さい引越業者は企業としての透明性が低いため、依頼する際に注意が必要です。

 

引越業者が見つからなくなる前に‥とるべき3つの行動

引越業者が見つからなくなる前にとるべき行動は以下の3つです。

  • できるだけ早めに引越業者を見つける
  • 引越業者は費用で決めない!割高となることを心得ておく
  • 引越時期をずらす

それぞれ詳しく解説していきます。

 

出来るだけ早めに引越業者を見つける

事前に転勤日が決定しているのであれば、出来るだけ早く引越業者を探し依頼することが重要です。

前述している通り、混み合う時期や引越しまでのスパンが短ければ、非常に引越業者が見つかりづらいです。

そのため、スケジュールが合う引越業者を見つけた場合は、すぐに依頼することをおすすめします。

 

引越業者は費用で決めない!割高となることを心得ておく

4月や9月に引越しを行うのであれば、繁忙期であるためどうしても通常よりも費用が上がってしまいます。

複数社から見積もりを取り、1番コストを抑えて依頼することも重要ですが、スピード感が非常に重要になってきます。

そのため、予め割高になることは覚悟しておき、法外な費用ではないのであれば、スピード感を持って依頼することがおすすめです。

 

引越時期をずらす

最初から引越業者を4月上旬で探していると、どうしてもスケジュールが合わず依頼できない場合が多いです。

そのため、予め引越時期を1.2週間ずらすだけでスムーズに依頼することもできます。

1ヶ月・2ヶ月時期をずらさなくとも案外依頼が可能ですので、最初から日程をずらした上で業者を探すことがおすすめです。

 

引越手配サービス「テガルン」の活用について

メリット①:引越業者をスムーズに手配することが可能

ビスリンクの引越手配サービスであるテガルンは、全国の引越会社ごとの得意分野を専門のスタッフが把握した上で、転勤者様の希望日程での対応ができる引越会社への差配を行い、スムーズに引越手配が進むように調整できます。

 

メリット②:ご担当者様の負担がほぼ無くなる。

テガルンは、引越手配をビズリンクに依頼後、ご担当者様側でご対応頂く手間がほぼ無くなります。ご担当者様にお願いするものとしては、ビズリンクから提出される見積書の確認のみとなり、ご担当者様の手配業務の手離れが非常に良いところは大きな特徴のひとつです。

 

メリット③:これまで6割以上の企業が11%以上のコストダウン

テガルンはビズリンク独自の方法で企業のコストダウンを実現しております。これまで導入して頂いた、6割以上の企業が11%以上のコスト削減の効果がでており、最大では27%のコスト削減に成功している企業もあります。

 

まとめ

以上、引越業者が見つからない時にすべき方法や見つからなくなる前にとる行動について詳しく解説していきました。

本記事で解説したポイントは以下の通りです。

  • 引越業者が見つからない場合は、大手以外の中小業者にも依頼することが重要
  • 中小業者にも依頼できない場合は、引越日程の変更・荷物を分散して引越すことも考える
  • 引越業者が見つからなくなる前に費用は気にすることなく出来るだけ早めに依頼することが重要
  • 引越時期をずらすと業者が見つかりやすい
  • 引越しをするのであれば、「テルガン」の利用がおすすめ!

4月・9月に関しては引越業界が繁忙期となるため、大手引越業社に依頼することは難しいです。

そのため、転勤が決定した時点ですぐに引越業者探しをすることが重要になってきます。

 

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.