Just another WordPress site

【総務人事向け】本配属になる新入社員の引越し手配で起こる5つの悩みとは

多くの企業が新入社員研修が終了した後は、新入社員は様々な地域へ配属となり、引越しを行います。

しかし、新入社員の引越しを担当している総務人事の方であれば、

「新入社員のスケジュール調整が大変」

「新入社員だけではなく、引越業者との手続きがうまく進まない」

といった悩みをお持ちのご担当者様も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、4月に全体での研修を行った後、5月6月に本配属になる新入社員の手配で総務人事さんが大変な事例、事例に対する解決策を5つ解説していきます。

この記事のポイントは以下の通りです。

総務人事の悩み①:新入社員のスケジュール調整が大変

総務人事の悩み②:研修中は引越業者の見積もりを取る時間を作りづらい

総務人事の悩み③:特定の引越業者で手配した場合、その業者都合になってしまう

総務人事の悩み④:新入社員にGWを使って引越し手配で休日を使わせるのは心苦しい

総務人事の悩み⑤:法人対応に慣れていない引越業者を手配して新入社員からの会社イメージが悪くなる

総務人事の方で新入社員の引越手配で起こる悩みを抱えている方は参考にしていただけると幸いです。

 

総務人事の悩み①:新入社員のスケジュール調整が大変

新入社員を引越しさせるためには、研修場所からいったん現在の住居まで戻らせる必要があります。

そこから、それぞれの社員に合わせて引越しのスケジュールを組み立てていくため、総務人事の方はスケジュール調整が大変です。

新入社員は都心に住んでいる場合や地方に住んでいる可能性も存在しているため、スケジュールを調整していくのは難しいと言えるでしょう。

解決策

解決策は以下の通りです。

 

  • どの地域に住んでいる社員にも共通のロードマップの作成・引越し完了日を決めておく

 

どの地域に住んでいる社員でも、社員研修中に引越しに関するロードマップを案内しておき、全体に引越し完了日を決めておくことで、ある程度総務人事でもスケージュール管理が可能になります。

 

総務人事の悩み②:研修中は引越業者の見積もりを取る時間を作りづらい

新入社員研修が完了したらすぐに引越しを行う必要があるため、研修中に引越業者に見積もりをとる場合があります。

しかし、研修期間中は安定して業者との連絡も取りづらく、最悪の場合、研修期間が終了しても見積もりすら取得できていない可能性が高いです。

解決策

解決策は以下の通りです。

 

  • 研修期間中でも引越業者との連絡期間を作る

 

研修期間だからという理由で引越業者と連絡を取れなければ、予定していた日程での引越しが難しい可能性があります。

そのため、研修期間中に引越業者と積極的に連絡取る期間を作ることが重要です。

時間を作ることで安定して見積もり取得・日程調整が可能になります。

 

総務人事の悩み③:特定の引越し業者で手配した場合、その業者都合になってしまう

特定の引越業者に手配を依頼している場合、依頼する日程や業者の状況によっては、予定していた赴任日に間に合わない可能性が出てきます。

特に3月〜5月は引越業界の繁忙期となるため、日が近づいていくにつれて日程の調整がつかなくなり、業者都合の手配となってしまいます。

業者都合の日程になってしまうと、転勤者本人や赴任先の関係者などの調整が別途必要になるケースもでてきます。

解決策

解決策は以下の通りです。

 

  • 特定の業者は利用しないようにする

 

会社が引越しの手配をしている場合、毎年同じ業者になってしまう可能性が高く、上記のような問題が起こります。

そのため、特定の業者に依頼するようにせず、日程の調整がしやすい大手引越業者もしくは地域密着型の業者に依頼するようにしましょう。

 

総務人事の悩み④:新入社員にGWを使って引越し手配で休日を使わせるのは心苦しい

新入社員研修は4月下旬~5月中旬に終了する会社が多く、GWに引越し作業を行う必要がある企業もいらっしゃいます。

そのため、GWに帰省を考えていた新入社員も、引越しの手配で休みをつぶしてしまう為、総務人事担当者としては心苦しい場合があります。

解決策

解決策は以下の通りです。

 

  • GWにかぶらないように新入社員研修を行う

 

4月中旬までに新入社員を行い、GW前までに引越作業を完了させることでGWに引越し手続きを行う必要がなくなります。

また、新入社員研修が始まる前の段階で、新居の決定を行っておくことで、GWまでにスムーズに引越手続きが可能です。

 

総務人事の悩み⑤:法人対応に慣れていない引越業者を手配して新入社員からの会社イメージが悪くなる

引越業者を決定する際に、大手業者ではなく聞いたことのない引越業者に手配をしてしまい、物が壊れたなどのトラブルが発生してしまい、新入社員からみた会社のイメージが悪くことがあります。

新入社員研修で会社にせっかく良いイメージを持ってもらっていても、引越しの際にトラブルが多発してしまっては、会社に対して不信感が募ってしまう可能性が高いでしょう。

解決策

解決先は以下の通りです。

 

  • できるだけ大手引越業者もしくは利用履歴のある業者に依頼する

 

大手引越業者に依頼することで、細かい不安を払拭することができますし万が一物が問題が起きたときでも迅速に問題を解決してくれます。

また、会社として利用履歴がある引越業者の場合、実績があるため安心して依頼することができるでしょう。

きちんと対応しない引越業者も一部には存在していますので注意が必要です。

 

まとめ

以上、総務人事の方が新入社員の引越手配で起こる5つの悩みと解決策を解説していきました。

引越し自体を経験したことのない新入社員は引越しに関する理解度が低く手続きに戸惑ってしまう場合が多いでしょう。

また、総務人事側も新入社員の数が多いため、様々な不安を抱えてしまっている可能性が高いです。

引越しの手配で不安を抱えている総務人事の方は本記事を参考に手続きを行ってみてはいかがでしょうか。

 

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.