Just another WordPress site

新入社員の引越費用を負担してくれない?企業が負担しない理由を解説します。

 

新入社員が企業に入社するにあたり、会社の近くに引越してくる方も多いです。

しかし、新入社員の方であれば、

「引越費用って会社はどこまで負担してくれるの?」

「新入社員の引越費用は負担してくれない場合が多いの?」

といった疑問をお持ちの場合も多いのではないでしょうか。

記事のポイントについて

  • 新入社員の引越費用は負担しない場合が多い
  • 新入社員の引越しの際に負担してくれる可能性が高い費用とは

 

そこで本記事では、新入社員の引越費用は本当に会社が負担してくれるのか、負担しない場合の理由も合わせて解説していきます。

 

新入社員の引越費用は負担しない場合が多い

企業は新入社員の引越費用を負担しない場合が多いです。

理由は大きく分けて以下の3つとなります。

  • すぐに退職する可能性が高い
  • 入社人数が多く費用が莫大
  • 社員によって費用が異なる

それぞれ詳しく解説していきます。

 

理由1:すぐに退職する可能性が高い

新入社員の場合、アルバイト経験をしていても企業に社員として雇用される経験はしていないため、会社の事業内容・社風に合わない場合、すぐに退職してしまう可能性があります。

そのため、会社が新入社員の引越し費用を負担したとしても、すぐに退職してしまっては、引越費用の全てが無駄になってしまいます。

引越しの費用は平均10万〜30万円前後発生するため、会社もすぐに退職してしまう可能性が高い新入社員に無駄な費用をかけることができません。

 

理由2:入社人数が多くコストがかかる

新入社員を入社させる企業の多くが、数名〜数十名を採用するため、全員の引越費用を負担することになれば莫大な額になってしまいます。

そのため、コストを抑えるために多くの企業は新入社員の引越費用を負担しない場合が多いです。

会社が社員専用の寮を所有している場合は、新入社員の引越費用を負担する可能性が高いのですが、寮が無い会社にとっては引越費用を負担するデメリットの方が大きいと考えられます。

しかし、数名だけ新入社員を採用する会社の場合は、寮を所有していなくても引越費用を負担してくれる可能性が高いため、一概に全ての企業が新入社員の引越費用を負担しないわけではありませんで予め注意が必要です。

 

理由3:社員によって費用が異なる

新入社員として会社に入社する場合、会社の近くに引越しする場合が多いのですが、元々会社の近くに住んでいる社員とかなり遠い距離から引越しを行う社員では、もちろん引越費用が異なります。

そのため、社員によって引越費用が異なることで発生する、不公平さを失くすために費用負担をしない可能性が高いです。

また、不公平さを解消するために、引越費用を一定額に設定している会社も存在しています。

 

新入社員の引越しの際に負担してくれる可能性が高い費用とは

上記にて解説している通り、新入社員の引越費用を負担してくれない会社は多く存在していますが、全ての会社が費用負担してくれないわけではありません。

会社によっては、一部負担してくれる可能性が高い費用は存在しています。

引越しの際に比較的負担してくる可能性が高い費用は大きく分けて以下の2つです。

  • 家賃
  • 交通費

それぞれ詳しく解説していきます。

 

家賃

引越しを行う際に必ず必要になってくる費用の1つとして家賃が存在しています。そんな家賃ですが、会社に申請さえしていれば、一部負担してくれる可能性が高いです。

引越しを行う際に物件を社宅扱いとすることで、一部家賃負担をしてくれる会社も多く存在しているため、予め会社に確認しておきましょう。また、入居する際に発生する敷金礼金や火災保険に関しては、会社が負担してくれる可能性は低いです。

物件ごとに敷金礼金は異なりますし、火災保険については任意加入の物件も存在しているため、会社に無理に負担してもらおうとすると入社前からイメージが悪くなってしまうかもしれません。

そのため、家賃や付帯費用に関しては、会社に確認してから申請することが重要です。

 

交通費

交通費は、引越しの際に会社が負担してくれる可能性が高いです。家賃や引越業者の手配費用と違い、交通費はそこまでコストがかかる部分では無いため、入社人数が大きい企業でも負担してくれます。

また、交通費を負担してくれない会社に関しては、新入社員にとっては全く費用負担をしてくれない企業としてイメージが根付いてしまいます。

そのため、会社としても入社前から悪いイメージを抱かせたく無いため、申請する必要もなく負担してくれる可能性が高いです。引越しを行うエリアによっては、1日分の宿泊費なども負担してくれる場合も存在しているため、予め企業に確認しておく必要があります。

しかし、交通費・宿泊費ともに領収書が存在しなければ、負担してくれない可能性が高いため、領収書は取得するようにしましょう。

 

まとめ

以上、新入社員の引越費用は本当に会社が負担してくれるのか、負担しない場合の理由も合わせて解説していきました。多くの会社が、新入社員の引越費用を負担しない場合が多いです。

しかし、会社によっては家賃や交通費を負担してくれる場合もあるため、予め会社側に負担部分を確認しておくことが重要です。また、会社側は新入社員に負担できる費用を提示しておくことで、有効な関係を気づいていくことができます。

 

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.