Just another WordPress site

引越しのコストはどれぐらいかかる?発生するコストを費用別に解説

初めて社員の転勤手続きを行う際、「引越し手続きを行う際はどんなコストが発生するの?」「発生するコストはどれくらいの額を想定していればいいの?」

といった疑問が出てくるのではないでしょうか。

そこで本記事では、引越しの際に発生するコストや発生する費用について詳しく解説していきます。

 

記事のポイントは以下の通りです。

  • そもそも引越し時どんなコストが発生する?
  • 引越し先によりコストが変わる
  • 引越しのコストは30万〜50万で見積もっておくのがおすすめ

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

そもそも引越し時どんなコストが発生する?

引越し手続きの際は様々なコストが発生します。

 

主に発生するコストは以下の通りです。

 

  1. 家賃・敷金・礼金
  2. 引越し業者依頼費用
  3. 火災保険
  4. 鍵交換費
  5. ハウスクリーニング費用

 

それでは、解説していきます。

1.家賃・敷金・礼金

引っ越しするにあたり、家賃・敷金・礼金は必ず発生するコストとして見積もっておくことをおすすめします。

 

家賃はその名の通り契約した物件の毎月の家賃です。

関西エリアの1Kタイプ 家賃相場は6~7万円

関東エリアの1Kタイプ 家賃相場は9~10万円

となっています。

 

敷金とは、入居前にオーナーに支払う費用となっており、家賃の未払いや退去時精算に充てられる金額となるため、部屋に不備がなければ返金されます。

金額相場としては家賃1ヶ月~2ヶ月分となり、敷金2と物件情報に記載があれば敷金2ヶ月分が初期費用として発生すると認識しておきましょう。

また、礼金に関しても入居前にオーナーに支払う費用となりますが、敷金とは意味が異なっており、入居時にオーナーにお礼の気持を込めて支払う費用として発生します。

しかし、地域やオーナーによっては、発生しない物件も存在しているため、物件情報に礼金0と記載されていても問題はありません。

2.引越し業者依頼費用

大掛かりな荷物の移動などが必要になる引越し作業では、引越し業者に運搬・入れ込みを依頼するのが一般的です。

引越し業者に依頼する内容としては、以下の通りです。

  • 家具家電の搬出・搬入
  • 荷物の梱包
  • 家具家電・荷物の移動

 

10月~1月は比較的依頼が少ない『閑散期』となるため、発生する費用としては近距離引越で1Kタイプの場合1万~3万円が相場となっています。

また、2月~5月は1年で1番依頼が多い『繁忙期』となっており、3万~5万円相場が上がってしまうため、注意が必要です。

3.火災保険

火災保険は賃貸物件を契約する上では必ず発生するコストです。

支払のタイミングは初回契約時、1~2年毎に更新する形となっており、加入する火災保険によって更新のタイミング・費用は異なります。

平均相場は1万~2万程度。

不動産会社がすすめる火災保険やオーナーが加入必須としている保険も存在している場合もあるため、物件契約時に不動産会社に確認しておくのがおすすめです。

4.鍵交換費

賃貸物件を契約する際は、前回入居者と鍵を変更する必要があるため、物件契約時に鍵交換費が発生します。

交換作業を行う物件のシリンダー部分により、請求される費用は異なります。

鍵交換の平均コストとしては、8千~1万円弱となっているのですが、セキュリティーが高く複製されにくいディンプルキーを採用している物件に関しては鍵交換費だけで3万円以上コストがかかる場合も有ります。

費用を抑えたい場合は、不動産会社から勧められた鍵交換会社ではなく、自身で業者を探して依頼してみるのもおすすめです。

5.ハウスクリーニング費用

どれだけ築浅の物件や新築の物件でも、部屋に汚れやホコリが溜まってしまっています。

そのため、引越しのコストとしてハウスクリーニング費用が発生します。

料金の平均相場は5千円~8千円となっており、内容としては専門の清掃業者にて室内清掃・最終チェックを行ってもらうことが可能です。

しかし、今まで誰も入居者したことのない物件の場合、室内に汚れが溜まっていない可能性もあるため、入居者の希望によってはハウスクリーニングを依頼しないこともできます。

 

そのため、前回の入居状況や築年数を確認の上、依頼することでコストを削減することが可能です。

引越し先・時期によりコストが変わる

上記で解説している通り、入居する地域や時期によって引越しのコストは大きく変化します。

平均して関西圏のほうが家賃・引越し業者の料金が安く、10月~1月は物件空室数も多く、引越し業者とも日程調整がしやすいのですが、繁忙期である2月~5月に関しては物件の埋まりが早く、引越し業者とも日程調整がしづらいです。

そのため、繁忙期になればなるほど引越しにかかるコストは上がってしまいます。

自身の引っ越し時期を選ぶことができるのであれば、閑散期の間に引っ越しを行うのがおすすめです。

しかし、相見積もりの作業を担当者が全て負担するのは大変だと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方には、引越し手配代行サービスの「テガルン」の活用をおすすめします。

引越し手配代行サービス「テガルン」の活用

おすすめの理由は、3つあります。

①引越し依頼から請求書のとりまとめまで全て手配を代行

テガルンは、業者の選定、見積もり手配はもちろん、各引越会社の請求書取り纏めまで全て代行します。

担当者が行うのは、テガルンへの依頼のみの為、かなりの負担を軽減可能です。

②依頼から手配完了までスピーディー

テガルンは、引越しの手配依頼から手配完了まで、平均で2~5日と大変スムーズです。

また、引越しの履歴も残る為、次回の案件も素早くスタートができるのもポイントです。

③繁忙期でも手配可能

テガルンは、優良引越し業者と提携をしている為、引越しのシーズンに関係なく見積もり・手配まで可能です。

年間を通して、シーズンに見積もりが影響されることもなく、転勤における引越しの全体的なコスト削減も見込めます。

まとめ

以上、引越しの際に発生するコストや発生する費用について詳しく解説していきました。

上記で解説している平均費用から、単身でも30~50万円ほど引越しのコストを見積もっておくことをおすすめします。

地域や物件によっては敷金・礼金が発生しなかったり、初回1ヶ月目の家賃が無料になるフリーレントが設けられている場合あるため、コストを抑える方法は複数存在しています。

 

手間やコストを抑えて引越しを行いたいとお悩みの場合は、今回ご紹介させて頂きました引越し代行サービスのテガルンなどを参考に引越し手続きを行ってみてはいかがでしょうか。

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.