Just another WordPress site

2020/11/03

転勤時の引越し予算の平均はいくら?引越し時に必要な費用の内訳についても解説

初めて社員の転勤時に伴う引越しを手配する際、

「引越し予算はどれくらい必要?」「引越しの際に発生する費用って何があるの?」といった疑問が出てくるかと思います。

そこで本記事では、転勤時の引越し予算がどれくらい必要なのか、発生する費用は何にがあるのかを詳しく解説していきます。

記事のポイントは以下の通りです。

  • 引越しの際の一般的な予算の平均は
  • 引越し費用の負担の割合について
  • 引越しに必要になる予算費用の割合について

ぜひ参考にしてみて下さい。

引越しの際の一般的な予算の平均はいくら?

▪️通常期の場合

初期費用は20〜30万円が引越し予算の平均となっております。

▪️繁忙期の場合

40〜50万円程度、月々の予算としては6万〜8万円が一般的な引越し予算の平均です。

1月〜5月前後が繁忙期とされており、それ以外の期間に関しては通常期となっており比較的スムーズに引越し手続きを行うことができます。

しかし、繁忙期に関しては、物件の成約スピードが非常早いため、企業で引越し手続きを行う際はかなりのスピード感を持って予算の確保、手続きを行うことをおすすめします。

企業の引越し負担の割合について

企業の引越し費用の負担は約7割が目安です。

引越し業者依頼費や新居家賃、敷金礼金といった固定費は必ず発生してしまう費用になるため、企業が負担する割合が高くなります。

そのため、企業内で予算を確保するのであれば、総額の7割と考えていれば問題はないでしょう。

企業によって就業規則や転勤取扱規程が定められている場合もあるので、予め確認しておくことをおすすめします。

引っ越し時の利用期間や理由によっては個人の負担の場合も

転勤時に入居する物件の利用期間や理由によっては個人負担の割合が高くなる場合があります。

例えば、賃貸物件を契約する場合、1年未満で退去する際は「短期解約違約金」といった通常発生しない費用が請求される場合があり、退去する理由が従業員個人の理由の場合、個人負担にて対応するのが一般的です。

従業員個人の理由で退去する代表例としては退職が多くなっています
そのため、短期解約違約金の有無や従業員の信頼度によって確保する予算が異なる場合があるので事前に確認しておきましょう。

引越しの際に必要になる予算費用の内訳は?

企業で引越しの手続きを行う際はどのような費用が発生するのでしょうか。

企業が引越しの際に負担が必要になる費用は以下の5つです。

  • 引越し業者費用
  • 新居家賃・敷金礼金
  • 火災保険料・鍵交換費
  • ハウスクリーニング費用
  • 車やバイクの陸送費

それでは、解説していきます。

その①:引越し業者依頼費

引越し業者依頼費とは、引越し作業を業者に作業を依頼する際に発生する費用です。

日本国内には大小様々な引越し業者が存在しているため、依頼する引越し業者によって発生する費用は異なります。

また、引越しする際に運搬する荷物の量により費用は異なるので、入居人数などを事前に確認しておきましょう。

企業にて引越し作業を依頼するため、複数の引越し業者に見積書の依頼を行うことで費用を最小限に抑えることができます。

その②:新居家賃・敷金礼金

転勤の場合は新居の家賃や敷金礼金を企業が負担するケースが多いです。

家賃に関しては入居する日程が月の中旬であれば日割り精算、月の始めの場合は丸々1ヶ月分を不動産会社に事前支払いを行います。

敷金礼金に関しては、転居する物件によって異なる部分ではありますが、通常家賃の1ヶ月分を敷金礼金として家賃と一緒に支払いを行う必要があります。

しかし、依頼する不動産会社によっては「フリーレント」といった入居数ヶ月分の家賃が無料の場合が存在しているので、引越し業者依頼費と同じく事前に複数の業者に見積書を依頼しましょう。

その③:火災保険料・鍵交換費

家賃や敷金礼金と同じく、物件契約時に発生する火災保険料・家事交換費に関しても企業が負担する場合が多いです。

通常火災保険料は1年〜2年更新、鍵交換費は入居時の1回のみとなっています。

数年にわたり入居し続ける場合、火災保険の更新料は従業員負担になる場合が多いです。

その④:ハウスクリーニング費用

入居前の新居の清掃を行うハウスクリーニング費用も企業負担になる場合が多いです。

ハウスクリーニングに関しては、物件契約時必ず発生してくる費用となり、企業の契約だとしても割引などのサービスは基本ありません。

料金相場としては10,000円〜20,000円となっています。

その⑤:車やバイクの陸送費

転勤する距離によっては企業が車やバイクの陸送費の負担をする場合が多いです。

県を跨いだ転勤に関しては、所有している車やバイクで新居まで移動しようと思うと時間と費用・労力がかかってしまいます。

そのため、交通費と合わせて陸送費も企業が負担するのが一般的となっています。

2〜3時間の移動の場合1〜2万が陸送費の平均相場となっており、移動する距離によって発生する費用額や到着に日数に変動があるので事前に確認しておくのがおすすめです。

まとめ:転勤時の引越し予算のポイントについて

転勤時の引越し予算がどれくらい必要なのか、発生する費用は何にがあるのかを詳しく解説していきました。

転勤時の引越し予算は初期費用に関して以下の通りです。

  • 通常期であれば20〜30万円
  • 繁忙期であれば40〜50万円

月々の予算としては6万〜8万が1つの目安となっています。

企業が負担する費用は基本固定費のみ、個人で減額できる部分に関しては企業負担なし、といった形で予算組みを行うのが一般的でしょう。

しかし、企業によって費用負担形式は異なるため、従業員の転勤に伴う引越し行う際は就業規則や転勤取扱規程も参考にして手続きを行ってみてはいかがでしょうか。

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明致します。

© Biz Link Inc. All Rights Reserved.